HOME > 製品 > マイクロスコープ > ビームスプリッターとカメラアダプター

ビームスプリッターとカメラアダプター

上の二つのイラストは、左が標準タイプのレンズ構成であり、右がビームスプリッターとカメラアダプターを搭載した、映像記録用のレンズの構成を現しています。
右のイラストは、マイクロスコープの鏡筒と接眼レンズの中間にビームスプリッター(分光器)を装着させて、画像イメージを接眼レンズとカメラ方向に分光し、その先にカメラアダプターを接続して、デジタルカメラやビデオカメラで記録ができるようになっています。これらの部分はアクセサリーパーツとしてオプションで販売されています。
とくに、カメラアダプターの発注は、術者が使うカメラによって、接続する部分のマウント形式が変わるため、SEILERに使用するカメラの型式を申告する必要があります。
SEILERは、術者のカメラの型式に応じたタイプのアダプターをご用意いたします。

下の写真は、SEILERマイクロスコープのビームスプリッターです。